アニメマンガ好き

おすすめしたいアニメやマンガを中心にいろいろ描くブログです

天涯孤独な中学生は実は異界にある商店の末っ子だった「異界繁盛記ひよこや商店」

【スポンサーリンク】

概要

現代と異界を行き来して描かれる日常漫画「異界繁盛記ひよこや商店」
再開した兄弟たちと異世界の商店で過ごす日常がとてもほのぼのしていていい作品です
 

 

 

第1巻で画像探したけど、かなり小さかったので全巻セットのものになってしまいました

ストーリー

天涯孤独で小さいころの記憶を失っている中学生深川りく
テストの出題予想がよく当たったり探し物が得意だったりとちょっと人より特殊な面もあるものの、平凡な学生生活を送っていた
ある時友人と一緒に訪れたフリーマーケットで怪しい商品を扱うお店を発見する
そのお店の人たちこそ異界の商店「ひよこや」を経営するりくの家族だった
状況がよくわからないまま異界に連れていかれたりくだったが、ひよこやで過ごす日常を通じて失った家族との記憶を取り戻していく
 

感想

本作品はほのぼのした日常系のお話しが好きになったきっかけの作品でした
アニメ化したわけでもなく特別人気作でもありませんが、ほのぼのとしたお話しの中で主人公のりくと再開した兄弟たちが改めて家族として絆を深めていく様子が描かれています
兄たちが日本に来て騒動を起こしたり、ライバル店の跡取り娘と仲良くなったりとほのぼのした話は心がほっこりします
また、りくの過去や能力についての話では少しシリアスな部分もありますが、シリアスな話を混ぜ込んで全6巻の物語の着地点をしっかり作っている作品です
最後まで心がほっこりする良作だと思います
 
2007年に完結した作品ですし、あまり知られていない漫画だとは思いますが、個人的にはかなり好きな漫画です
ほのぼのした日常系作品が好きな人にはおすすめです
ちなみに、ドラマCDのキャストは主人公のりくを福山潤が演じるなど結構豪華なメンバーです
 
 
ドラマCD 異界繁盛記 ひよこや 商店
ドラマCDはこれ
さすがamazonマーケットプレイス
中古で1円という破格の値段で売っています

 

情報

全6巻(完結済)
月刊Asuka(KADOKAWA)にて2003年から2007年に連載された少女漫画
漫画の第1巻、第2巻がそれぞれドラマCD化されている
ほのぼの、異界、商店、6人兄弟の末っ子、聖霊

 

広告を非表示にする