アニメマンガ好き

おすすめしたいアニメやマンガを中心にいろいろ描くブログです

ファンタジー×自衛隊アニメ「GATE」感想

【スポンサーリンク】

概要

久しぶりの更新です
ちょっと病気して寝込んでました
 
自衛隊×異世界ファンタジー
アルファポリスから出版された小説を元にしたアニメ「GATE」
 
ファンタジー要素多めで戦闘あり、シリアスあり、魔法あり、エルフありな異世界と自衛隊のお話です
 
一時期このGATEの絵で自衛官募集のポスターが作られててちょっと話題になりました
いつか見ようと思っていましたが、やっと見れました

 

ストーリー

東京、銀座に突如として現れた異世界へとつながる門(ゲート)
ゲートから現れたのは剣や鎧で武装した軍隊とモンスターの軍勢だった
 
大混乱の銀座に、偶然同人誌即売会に向かう途中だった自他ともに認めるオタク自衛官・伊丹曜司が居合わせる
周囲の人を助けながら避難の手助けをした伊丹は、その後自衛官としてゲートをくぐり異世界を巡ることになる
 
炎を吐く巨大な龍である炎龍と遭遇したことによって出会ったエルフのテュカ、魔法使いのレレイ、人の肉体を持ったまま神としての力を得たと言われるエムロイの使徒ロゥリィを仲間に加え、現地住民との交流・調査をしながらゲートから攻めてきた帝国との和平交渉の道を探る
 

感想

主人公伊丹さんのキャラが良いですね
普段は同人誌即売会に行くほどのオタクでやる気なしですが、龍を退治したり、皇女を助け出したり、やるときはやる男です
 
年齢が30代なのもいいですね
巻き込まれた男子高校生が活躍するとかより全然いいです
10代の主人公なんてもうありふれ過ぎてるのですよ
 
あんまりにもシリアス感が強いのは苦手ですが、本作品はそれほどシリアスが強くなかったです
敵はいっぱい死にますが、味方は死にません
 
本気の軍隊とか傭兵ではなく自衛隊にしたところが日本っぽくていいですよね
 
ファンタジーに自衛隊足してみましたって感じだけど、結構面白かったです
自衛隊による人助けだったり、異世界の資源をめぐって官僚が水面下で腹の探り合いをしてたり、他国のスパイが日本に押し寄せてきたり、いろいろと見どころがあっていいアニメでした
 
日本で異世界で大活躍する自衛隊の姿を見たい方は必見です
 
ちなみに、実際の自衛隊員の方にも本作の読者はいるようで、装備の運用方法がリアルだったといった声もあるようです
調べてみたら、原作の柳内たくみさんは陸上自衛隊経験者だそうです
素人が思っている以上に細部がリアルに仕上がっているみたいですよ

情報

全24話
2015年から2016年にかけて放送された自衛隊×ファンタジーアニメ
原作はアルファポリスの小説
自衛隊、フィンタジー、エルフ、魔法使い、使徒、異世界とつながる門、人助け、交流

 

広告を非表示にする