アニメマンガ好き

おすすめしたいアニメやマンガを中心にいろいろ描くブログです

江戸時代に現代医療を広めるヒューマンドラマ的漫画「JIN」

【スポンサーリンク】

概要

昔読んだ漫画だけど最近思い出したかのように読みました
現代の医者が江戸時代の幕末にタイムスリップする物語「JIN」
 
とても良い漫画です
是非読んでみてください

JIN―仁 (第1巻) (ジャンプ・コミックスデラックス)

 

ストーリー

東都大学付属病院の脳外科医局長を務める南方仁
脳外科当直医として夜の病院に勤務していた
 
急患として運び込まれた身元不明の男性の手術をした仁
手術してからおかしな声が聞こえるようになる
 
不快感に悩まされる仁だが
手術した急患の患者が逃げ出したという知らせを受け病院内を探し回る
 
やっと見つけた患者は仁に何かを伝えようとするが
とある拍子に仁は階段から落下し幕末にタイムスリップしてしまう
 
医学が発展しておらず
時代の転換期を迎えている幕末
 
仁は手術に対する誤解、麻酔のない手術、誤解による誹謗中傷、周囲の不信感、歴史を変えてしまうかもしれないという不安感、現代医療では救える命を散らしてしまう無力感などにさらされながら、医者として現代医療の知識を基に懸命に時代を生き抜いていく
 

感想

現代の医療に関する知識があるといっても
道具や薬はほとんどなく、今の日本ではなんてことない病気が脅威になりえる江戸時代
 
現代知識を使って正しい医療を広めようとする仁ですが
理解されずに誹謗中傷を受けたりします
 
救えない命もたくさんあります
自分自身が病気にかかることもあります
時には命を狙われることもあります
 
それでも正しい医療を広め
少しでも多くの命を救おうと懸命に生きる仁の生き様がとてもかっこいいです
 
また、仁がコレラにかかった際に懸命に看病した咲をはじめ
命がけで治療を推進していく仲間が仁のもとに集まっていく様子の描き方は素晴らしい
 
現代知識があってもなんでもできる万能感ではなく
苦労して一つ一つ現代医療に近づけていく努力が描かれている点がよいです
 
個人的に一番心に残った言葉は
刀で切られて麻酔なしの手術を受けている際の仁の心の言葉です
 
「気絶することも出来ぬ激痛に襲われながら、妙なことにこれでようやくこの時代の人になれるような気がした…驚く程に忍耐強く痛みや病苦にも耐えて生きる、江戸時代の人々に」
 
時代背景と絵がマッチしていますしドラマ性があるとてもよい漫画です
自信を持っておすすめできます
 

情報

全20巻(完結済)
スーパージャンプ(集英社)にて2000年から2010年まで連載されていた医療漫画
主演:大沢たかお、ヒロイン:綾瀬はるかで実写ドラマ化された
現代医療、江戸時代、タイムスリップ、医者、歴史、ヒューマンドラマ
広告を非表示にする