アニメマンガ好き

おすすめしたいアニメやマンガを中心にいろいろ描くブログです

前線だけが戦場じゃない 補給兵の誇りをかけた戦い「女王陛下の補給線」漫画感想

【スポンサーリンク】

概要

戦争の物資を届ける補給部隊を描いた作品「女王陛下の補給線」
まだ連載されて間もないけど単なる戦争漫画じゃない、これからに期待が持てる漫画

女王陛下の補給線(1) (講談社コミックス)

 

ストーリー

戦場に物資を届ける任務を負う部隊である補給兵
彼らの多くは戦わない兵士として安全な後方で肥え太る豚、補給豚などとバカにされていた
 
「何もなかったら俺たちはどうやって戦えばいいんだ!!!」
 
王国と共和国の戦争中、王国第4王女シャーロットは幼い時に聞いた負傷兵の叫びに心を動かされ補給兵として任務についていた
全死呼ぶ一兵と呼ばれた最強の男、ディズなどの仲間とともに日々前線に物資を届けるために任務を遂行する
弾も、食料も、医薬品も、何も届かない、そんな状況で戦う兵士を作らないために、どんなにバカにされようと必ず物資を届ける
自分たちの誇りにかけて
あらゆる戦場にあらゆるものを届け続ける、兵士のために戦う兵士たちの物語
 

感想

ただの戦争を描いた漫画だったら読まなかったと思います
この漫画は戦争の裏で働く補給部隊を取り上げた作品です
前線に出ている兵士にバカにされながらも、自分たちの役目に誇りを持って取り組む補給兵の人たちをよく描けています
 
「バカにされるなんて、みんなが死んじまうよりゃずっといい」
周りの声なんて気にせず、自分の信念を貫く補給兵がとても魅力的でこれからどんどん面白くなっていく予感がします
前線じゃないもう一つの戦場での戦いといったところですね
 
まだ1巻しか出ておらず、月刊誌の別冊少年マガジンにて連載されているため続きが出るのはだいぶ先になると思われますが、これからの展開を気長に待ちましょう
1巻はとても面白かったです
漫画好きには是非読んでほしい作品ですね
 

情報

2016年5月時点で1巻発売中(未完)
別冊少年マガジン(講談社)にて2015年から連載されている少年漫画
戦記、補給部隊、女王、最強の兵士、誇り、もう一つの戦場
広告を非表示にする