アニメマンガ好き

おすすめしたいアニメやマンガを中心にいろいろ描くブログです

擬人化するのが流行ってるけど細胞の擬人化ってどうなん?「はたらく細胞」漫画感想

【スポンサーリンク】

概要

艦これとか刀剣乱舞とかヘタリアとか
擬人化のブームに乗っかって細胞まで擬人化されました「はたらく細胞」読んでみました

はたらく細胞(1) (シリウスKC)

 

ストーリー

よく迷子になる新人の赤血球の女の子とサーチアンドデストロイを信条とする細菌駆除を担う白血球の男性を中心とした細胞擬人化漫画
酸素を体の隅々まで運び二酸化炭素を肺に運ぶ赤血球
体内に侵入した細菌やウイルスを殺す役目を担う白血球
その他にも様々な擬人化した細胞がそれぞれの役割を果たしながら、擦り傷から侵入した雑菌と戦ったり、スギ花粉のアレルゲンやインフルエンザウイルスから体を守る細胞の働きを、よりオーバーに、より面白おかしく表現している
 
ただ単に擬人化して人気を取りに来ただけの作品ではなく、出てくる細胞や菌に説明文を1~2文入れていて細胞の働き、菌やウイルスの性質がわかるよう工夫しており、読者を置き去りにはしないよう作られている
例えば、くしゃみなどの日常的にありふれたものでもしっかり説明文が入っている
 
熱中症やガン細胞の増殖、花粉症といった症状を細胞視点で描かれているこれまでにない個性的な作品
細菌やウイルスとの戦闘では血がドバッと噴出する場面が多いが、シリアスなストーリーはほとんどなく比較的明るい雰囲気の作風である
 

感想

擬人化ブームで細胞まで擬人化しましたよ
しかもこの漫画はそこそこ話題になりました
 
では実際面白いのかと言いますと…
 
個人的には面白かったですね
ギャグ漫画とまではいかないまでもオーバーな演出と明るい雰囲気でなんとなく嫌いになれない作品って感じです
ここって体の中だよね!?って言いたくなるほどウイルスなどとの戦闘は爆発が起こったり激しい戦いになります
また、赤血球さんが肺に到着した時には「ようこそ肺へ」って横断幕があったり、なぜか気管支に「ストレスに負けない体作り」、「広告募集中」とか書いてあったりと背景がものすごくお茶目です
なんとなく続きを読んでしまう魅力のある作品です
 
血がいっぱい出る絵はありますがグロくはないのでグロいのが苦手な人でも大丈夫です
興味がなくても暇なときになんとなく読んでみると結構はまるかもしれません
 

情報

月刊少年シリウス(講談社)にて2015年から連載されている少年漫画
2016年4月時点で2巻まで発売中(未完)
細胞、擬人化、解説あり、細菌やウイルスとの果てしない戦い、でもグロくない
広告を非表示にする