アニメマンガ好き

おすすめしたいアニメやマンガを中心にいろいろ描くブログです

高校生と年上女性の雨の日の恋物語「言の葉の庭」

【スポンサーリンク】

概要

秒速5センチメートルなどを手掛けた新海誠の作品「言の葉の庭」
46分ほどの短い作品ながら良いアニメでした
万葉集をモチーフにした高校生と年上女性の恋を描いた作品です
新海誠の作品は今まで見る機会がなかったのですが、他の作品も見てみたくなりました
 

 

ストーリー

靴職人を目指す高校生の孝雄は、雨の日の午前中は学校をさぼって庭園で靴のデザインを考えるようにしている
ある日、庭園に行くと午前中からビールを飲んでいる女性、雪野に出会う
女性は孝雄に対して一つの短歌を言い残して去っていった
「鳴る神の、少し響(とよ)みて、さし曇り、雨も降らぬか、君を留(とど)めむ」
 
それから二人は雨の日の庭園で交流する不思議な関係になる
靴職人になるという夢を語る孝雄
過去の辛い出来事から味覚障害を患うもいつの間にか孝雄の弁当に味を感じられるようになる雪野
交流を重ねるうちに孝雄は雪野のために靴を作りたいと思えるようになる
雪野にとっても孝雄との交流は心の辛さを和らげる支えとなり二人は惹かれ合うようになる
 

感想

すごく感動するというよりはしみじみと感じる良作でした
また、絵や雰囲気、舞台などとてもスマートというか綺麗なアニメです
人物や背景はすごく綺麗に描かれていますし、特に道端のごちゃごちゃした自転車やビルの看板などの背景の細かいところの書き込み具合はジブリ作品並みの完成度です
46分で一つの物語を完結させているにも関わらず、作品自体は説明口調は一切なくセリフも少ないです
それでもしっかり視聴者に伝えるべきところがしっかり伝わるように作られていて良いですね
アニメというよりアニメーションという一つの表現技法の限りを尽くした作品です
風景やBGMだけでもストーリーや雰囲気が伝わってくるような、そんな作品でした
そして最後は心温まるいい終わり方だったと思います
雰囲気、作画、ストーリーなど作品のすべてが美しくて素晴らしいアニメです
アニメ好きもそうじゃない人も見て損はありません
とりあえず一度は見てみましょう
 
ちなみに、二人が交流する庭園のベンチは実在する新宿御苑のベンチだそうです
作中ではとても綺麗で鮮やかに描かれていますので実物と比べてみたいですね
 

作中の万葉集

「鳴る神の、少し響(とよ)みて、さし曇り、雨も降らぬか、君を留(とど)めむ」
大まかな意味:あなたとまだ一緒にいたいから、雨でも降ってくれないかな
 
返し歌(返事の歌)
「鳴る神の、少し響(とよ)みて、降らずとも、我(われ)は留まらむ、妹(いも)し留(とど)めば」
大まかな意味:雨なんて降らなくてもここに留まるよ。君がいてほしいと言うのなら
 
広告を非表示にする